緊急事態宣言の影響を証明する書類

保存書類の取扱いについて

緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛による影響を示す書類として、最終的な取引先が、宣言地域内で時短営業の要請を受けた飲食店又は宣言地域の消費者であることを示す書類を7年間保存する必要があります。

保存書類について、申請時の提出は不要ですが、申請者が給付要件を満たさないおそれがある場合に、保存書類の提出を求める等の調査を行うことがあります。そのため、求めに応じて速やかに提出できるよう、電子的方法等により7年間保存してください。

調査の際、保存書類がない場合又は不十分な場合には、「その理由」や「飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響をどのように受けたのか」等について確認します。さらに、申請者の販売・提供先等への調査について、申請者にも協力を求める場合があります。

保存書類の概要

参考:一時支援金概要リーフレットより抜粋
※画像をクリックするとPDFファイルが開きます

保存書類の詳細

参考:経済産業省「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について」
2021年3月22日時点版(ページ6-7)

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます

保存書類の代表例

参考:経済産業省「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について」
2021年3月22日時点版(ページ29-33)

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます

宣言地域外で特に外出自粛の影響を受けている地域の分析方法例

V-RESASを用いた分析方法についてはこちら

参考:経済産業省「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について」
2021年3月22日時点版(ページ34-42)