一時支援金の申請期限に関するお知らせ

2021年4月30日

一時支援金の申請期限は2021年5月31日までになりますので、これから申請をお考えの事業者の皆様におかれては、お早めに必要書類を準備して、登録確認機関での事前確認を受けた上で、申請していただくようお願い申し上げます。

申請を希望される方におかれては、事務局が募集・登録した「登録確認機関」において、①事業を実施しているか、②給付対象等を正しく理解しているか等の事前確認を受けていただく必要があります。

登録確認機関は4月27日時点で合計約36,600機関となっており、これらの機関についてはホームページに掲載しております。事前確認に当たっては、事務局ホームページに掲載されている、商工会/商工会議所の会員の方は当該商工会/商工会議所に、農協/漁協の組合員の方は当該農協/漁協に、中小企業団体中央会の会員の方は中小企業団体中央会に、金融機関と事業性の与信取引がある方は当該金融機関に、顧問の士業がいる方は当該士業に確認を依頼してください。事前確認を行っていただける登録確認機関が見つからない場合には、事務局の相談窓口(コールセンター)までご連絡ください。

なお、3月24日からは、事務局においても登録確認機関を設置しており、既に1千件を超える事前確認を実施しております。引き続き、特に登録確認機関を見つけることが困難な地域等の申請希望者の方々を主たる対象として、順次ご案内を継続してまいります。

事前確認を受けていただいた後に、事務局のホームページから、必要書類を添付の上で、一時支援金の給付の申請を行っていただくことができます。事前確認を受けていただかないと申請ができませんので、5月31日の申請期限までに余裕をもって、事前確認や必要書類のご準備をお願いします。また、電子申請が困難な方におかれては、申請サポート会場にて電子申請の手続きのサポートを受けていただくこともできます。

一時支援金については、4月26日時点で申請件数約14万件、給付件数約10万件(このうち約97%が申請から2週間以内の給付)となり、これまで多くの事業者の方々にお届けしております。引き続き、迅速な給付に努めてまいります。